1日2食ダイエットとは?

1日2食ダイエットとは、その名の通り、1日2食しか食べないというもの。
しかも、脂っこいものを食べてしまいがちな夕食を抜くことです。
私たちは、朝ご飯をがっつり、夜を少なくすれば痩せるということを知りながらも、なぜか逆のことをしてしまいますよね。
朝はシリアル、夜は焼き肉・・・など。そうなってくると、やはり体重に結果が出なくなってきてしまい、1日2食ダイエットに走る女性が多く見受けられます。
しかし、1日2食にすることでの危険度が高くなります。

1日2食は痩せるのか?

1日6食と比べると、1日2食の方がダイエットに効果的だとアメリカの調査でわかっています。
また、有名医師たちがこぞって1日1食を進める著書を発刊していますよね。そういった状況から考えて、私たちは1日2食が危険なダイエットだとは思いません。
だからこそ、気軽に手を出してしまうのです。
結論から言うと、一時的に痩せます。摂取カロリーが1食分減るわけですから、痩せます。
一時的にというのは、身体は周期で動いているものですから、1日2食のサイクルになれず、減らしたままでも体重は戻ってしまいます。

どんな問題点があるのか


血糖値が上がり、隠れ糖尿病の危険!
甘いものを食べていなくても糖尿病になる人の多くは、食事を抜いているのです。
食事を摂ると血糖値が上がりますが、食事を抜いてしまうと一時的に血糖値が上昇してしまうのです。
血糖値が急激に上下することは身体によくないので、糖尿病になる可能性が高まります。
また、糖尿病になっていることに気付かないケースも多いそうです。

空腹時間が長いことによる暴飲暴食
食事を抜くということは、空腹時間が増えるということ。
人間の体は1食抜くだけでも飢餓状態になるそうです。
そのため、身体が栄養を求めていつもより食べたくなってしまうため暴飲暴食しがちになります。
また、飢餓中の身体は栄養を欲しているので吸収率が上がっているのです。

1日2食は痩せない

前述したとおり、1日2食にする場合のリスクが高く、そのためメタボリックシンドロームになる危険性も秘めています。
この情報を合わせて、1日2食は痩せるわけではないということがわかりました。
ダイエットは、美しく。無理のないよう、楽しく行いましょう。

まとめ

・1日2食ダイエットが話題に!夕飯を抜いて過ごすというものです

・一時的に摂取カロリーが減るので痩せますが、基本的に元に戻ります

・空腹時間が長いと脂肪が蓄積してしまうので、オススメできるダイエット法ではありません